キレイな肌の女性

美肌を目指す

笑顔の女性医師2人

美容皮膚科では、アンチエイジング効果を主な目的としています。最近では、美容皮膚科の皮膚科医が監修した施術を受けることができるメディカルエステが注目されています。

この記事の続きを読む

二重にする

患者に水を渡す看護師

美容整形手術で目元の印象を変える方法といえば二重まぶたの整形手術があります。二重二重まぶたの整形手術は、メス不要で糸だけで行う埋没法や、メスを使用する全切開法などがあります。

この記事の続きを読む

たるみを改善する

聴診器をかけた医師

目の下のたるみは老化や眼球の疲労などが原因で起こります。セルフケアで目の下のたるみを取るのは難しいですが、美容外科手術をすれば、比較的簡単にたるみが取れるでしょう。

この記事の続きを読む

老けた印象を打破

カルテを持つ医師

悩みの肌たるみは|クリニカ市ヶ谷女性医師の外来

豊胸は大阪の美容外科クリニックで施術をしましょう。豊胸施術が得意なクリニック3院を比較しながら紹介しています。

腹話術の人形のようなほうれい線

口元がたるんで、ほうれい線が目立ってきたことに気づいたのは40歳くらいのときでした。 なんとか解消したいと思い、美容系の雑誌を見て顔筋体操やりました。 口の中で舌をぐるぐる回したり 大きく口を開けたり唇を突き出したりなど かなりの変顔になりながら真面目にがんばって続けてみたのですが効果があったのかどうか、ほとんどわかりませんでした。 ヒアルロン酸が入っている化粧品もサプリメントも色々試してみましたが、特に変化はありませんでした。 ほうれい線をなくすには、美容整形でヒアルロン酸を注入してもらうのが一番効果があるときいたことがあったのですが、美容整形外科に行くのはかなり勇気がいります。とりあえず電話で相談してみることにしました。

緊張しながら電話をした

CMでお馴染みの有名美容整形外科に電話をかけて、ほうれい線を消したいと相談したところ、やはりヒアルロン酸の注射をすることを勧められました。 注射にかかる時間は数分だということだし、腫れることもなく注射が済んだらすぐにメイクをして帰れるということだったので、やってみることにしました。 まずカウンセリングをうけて、ヒアルロン酸の量や費用の説明をしてもらいました。 次に、注射する位置に赤ペンで印をつけられました。 手術室に案内され、椅子に座って注射をしてもらいました。 かかった時間は10分くらいで、注射の後 赤ペンでつけた印を拭き取ってメイクを直して帰宅しました。 ほうれい線はほとんどわからないくらいに薄くなりました。