たるみを改善する

聴診器をかけた医師

脱脂法で目の下のたるみを取る

美容の大敵となる、目の下のたるみを取る美容外科手術には脱脂法というのがあります。目の下の内側に数みりの穴をあけて、そこからたるみの部分にたまった脂肪を取り除く手術です。脱脂法の手術費用は30万円〜40万円ほどです。手術後の抜糸は不要で、一週間で腫れが引いていきます。もっと簡単な手術ではヒアルロン酸注射が8万円〜15万円、サーマクールアイが20万円〜25万円で受けられます。どちらも皮膚を切開しないで行うたるみ取り治療で、ダウンタイムもほとんどないのですぐに日常生活に復帰できます。

切らない方法と切る方法

目の下のたるみを取る手術は、基本的に「切らない方法」と「切る方法」に分けることができます。切らない方法のほうが一回の料金的が安く、メスを使用しないので精神的に楽にできます。しかし、切らない方法は効果に持続性がないため、定期的に治療を受けなければならず、一回ごとの費用が安くても生涯を通したコストを考えると高くつきます。一方切る方法はメスを使用するので多少の勇気がいりますが、効果は半永久的に続きます。一度の手術費用は高くても、一度手術をしてしまえばあとは通院もメンテナンスも基本的に不要です。切るといってもレーザーメスを使用したり、溶ける糸を使用したりするので、それほど大掛かりな手術にはならないのが普通です。